遅延損害金

借金の返済が遅れると「遅延損害金」が発生します。
これはクレジットカードのキャッシングでもカードローンでの借り入れでも同じです。もっと細かく言うとショッピングでのクレジットカード利用の支払いが遅れても同じように「遅延損害金」は発生します。
気がついてみたら銀行口座に残高がなかった。引き落とし日を間違えていた
などの理由で引き落としができなかった場合も同じことです。
クレジットカードのキャッシングの場合は銀行口座振替の場合が多いので
このような事故が発生する場合があります。
カードローンでの借り入れの場合は返済方法もいろいろで、ATMで入金する方法やローン口座へ入金して返済する方法などの場合は自分が返済を忘れない限りは、口座の残高不足で支払いができないようなことは起こりません。
ただ返済日を忘れてしまったり、一日くらいいいかなと言ったような甘い気持ちだと遅延事故が起こります。
「遅延障害金」は一日でもきっちりと発生して、返済額に上乗せされて請求が来ます。ただでさえ高い金利を払っているのに、更に遅延障害金まで払うとなると
大きな痛手になりますよね。
そうならないためにも返済の期日はきちんと守ることと、返済日が近づいたら
事前に口座の残高を確認しておくとか、自己管理が大切になってきます。
金融機関の中には返済日の前日にメールで返済期日をお知らせしてくれるサービスを提供しているところもあるようです。こうしたサービスを活用するといいでしょう。